AmazonのFBA小型・軽量商品プログラムが対象拡大しました!

前回の記事で紹介した「AmazonのFBA小型・軽量商品プログラム」ですが、条件緩和により対象となる商品が増えました!

▼前回記事

AmazonのFBA小型・軽量商品プログラムで小型商品を有利に販売しよう。
Amazonの「FBA小型・軽量商品プログラム」をご存知でしょうか? FBAを利用する場合、商品が売れるごとに"配送代行手数料...

商品価格の上限が800円から1,400円に!

FBA小型・軽量商品プログラムは800円以下の小型商品のFBA手数料が割安となるサービス。利用するためには4週間の販売個数が25個以上であったり、商品サイズが限られたりと様々な条件がありますが、通常の小型商品の手数料よりも安くなるため、積極的に使っていきたいサービスとなっています。

※詳細については前回記事、またはAmazonサイトをご確認ください。

今までは商品価格が800円以下であることが条件の1つとなっていましたが10月24日より条件が緩和され、商品価格が1400円以下であることとなりました。

従来のFBA小型・軽量商品プログラム

新しいFBA小型・軽量商品プログラム

800円を超えて1400円以下の場合にFBA小型・軽量商品プログラムが適用されます。料金はLetterA(30×23.5×2.3cm)で179円、少し厚みのあるLetterB(20×17×3.3cm)で189円となります。

具体的な商品でいえば、ジュエリーなどのアクセサリー類や厚みのない雑貨(写真たてなど)で801〜1400円で販売することができる商品が対象になってくるのではないでしょうか。かなり対象が広がったと言えるでしょう。ただし、販売個数の条件は緩和されていないため4週間で25個以上、また重量が950g以下となります。

境目の商品価格はしっかり検討しよう!

Amazonでは1円単位で価格を設定することができ、また実際に1円単位で価格変更をしている販売者も多くいます。商品価格は小売業にとって重要なことなので普段から検討していると思います。しかし、FBA小型・軽量商品プログラムで商品を販売する場合は普段とは違ったポイントにも気をつけなくてはなりません。

それが「安く売った方が利益額(利益率)が増えるケースがある!」ということです。

小売の基本として「安く仕入れて高く売る」があります。高く売れば売るほど商品1個あたりの利益率が上がるからです。全体で見ると、安く売ることによって販売個数が増えて収益が増えるということはありますが、商品を個あたりで見れば高く売るよう心がけます。

しかし、今回紹介するAmazonのFBA小型・軽量商品プログラムなどのように何かしらのプラットフォームを活用している場合、稀に「安く売った方が利益額(利益率)が増える」ということが起こり得るのです。

安く売った方が良い具体例

ではどのような場合に安く売った方が利益率が上がるか、FBA小型・軽量商品プログラムを例に見てみましょう。今回安く売った方が良いケースが起こり得るのは料金体系の境目です。

例えば、FBA小型・軽量商品プログラムのLetterA(30×23.5×2.3cm)となる商品を610円で販売するとします。このときの配送代行手数料は159円のため”販売価格-配送代行手数料=451円“となります。

これがもし600円で販売していたらどうでしょう。配送代行手数料が139円となるため、”販売価格-配送代行手数料=461円“となり、安く売っているのに利益額が増えている、といったことになるのです。

さらにいえば、これは配送代行手数料だけの計算ですがAmazonでは商品が販売されるごとに販売手数料がかかります。仮にジュエリーカテゴリーだとすると15%が販売手数料となるため、610円の場合は92円(91.5円)、600円の場合は90円となり2円の差が生まれます。トータルでは11円差。利益率にして1.8%となるのでかなり大きいことがわかります。

また計算では出てきませんが、商品価格が下がったことにより販売個数が伸びる可能性があります。これによりトータルの利益額はさらに伸びることでしょう。

FBA小型・軽量商品プログラムはとても魅力的な内容となっています。少し条件は厳しいですがしっかりと理解して使っていくようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク