ステンレス(不锈钢)を輸入するときの注意点。錆びる場合があります。

中国商品に使われている金属として多いものにステンレスがあります。小物雑貨では鉄よりもステンレス製品のほうが多いでしょう。あなたはステンレスについてどのようなイメージを持っているでしょうか?

ステンレスの1番の特徴は錆びにくい“ということです。

鉄にクロムを添加していくと錆びにくくなっていき、クロムが10.5%以上のものをステンレス鋼と呼びます。このため、ステンレスは錆びにくい金属であると言えます。

しかし、錆びにくい金属というだけで”錆びない金属ではない“ということです。また、ステンレス鋼にも種類が多くあり、相対的に錆びやすいステンレスが存在しています。

ステンレスの種類

ステンレス鋼の種類はJIS企画で100種類以上、さらにJIS企画ではない独自のステンレス鋼もあります。この中から、目的にあったステンレス鋼を使う必要があります。

とは言っても、一般的に使われているステンレス鋼は多くありません。まずは下の4種類程度を覚えておけば良いでしょう。

SUS304

もっとも多く使われている一般的なステンレス鋼です。18クロムー8ニッケルと呼ばれており、クロムが18%〜20%程度、ニッケルが8%〜10%程度含まれています。ステンレス鋼はクロム以外にニッケルを添加することによって耐熱性や耐食性がよくなります。またニッケルが含まれたことにより磁石にくっつかなくなります。

かなり錆びにくいステンレス鋼であり、一般的にステンレスと言われているのがこのSUS304でしょう。

SUS201

クロム18%程度にニッケル5%程度のステンレス鋼です。

SUS304に比べれば錆びてしまいますが、ニッケルの含有量が少ないため、SUS304に比べて安く作ることができるのが特徴。SUS304の半額程度とも言われています。

SUS403

13クロムのSUS403です。クロムが13%程度含まれています。

ニッケルが含まれておらず、またクロムの割合も13%程度ということでSUS304に比べて錆びやすいと言えるでしょう。ただし、ニッケルが添加されておらずクロム含有量も少ないため、安価なのがメリットです。

SUS430

18クロムのSUS430です。クロムが18%程度含まれています。

SUS403よりもクロムの含有量が多いため、錆びにくいと言えますがSUS304に比べて錆びやすい金属です。ニッケルが含まれておらず、磁石にくっつくのが特徴です。

まとめ:SUS304が安心

以上のことから、錆びにくいステンレスとしてはSUS304のステンレス鋼を選ぶようにしましょう。とは言っても、一般的にもっとも多く使われているのがSUS304になるのであまり気にする必要はありません。

ただし、台所周りなど水回りで使うものに対しては錆びにくいSUS304を使うのが一般的であり、SUS304以外のステンレスを使っているようでは価格を安くするために品質を落としている&ステンレスなのにすぐに錆びた、というクレームが入る可能性があるので避けたほうがよいでしょう。

もちろんSUS304も錆びる可能性がありますが、一般的に流通している中では比較的錆びにくくとりあえず安心できるでしょう。問題が発生しやすいことではありませんが、事前に対策できることはしっかりと対策しておきましょう。

余談:ステンレス鋼でももらい錆びが起こる

またステンレス鋼が錆びるケースとして、”もらい錆び”があります。

これはステンレス鋼と一緒に錆びやすい鉄製のものをくっつけて置いておくと、先に鉄製のものが錆びて、その鉄の錆びからステンレス鋼に錆びが移ってしまうというものです。鉄製のものを取り除き、ステンレス鋼の表面の錆びを磨いてきれいに取り除くことができればまた錆びにくい状態に持っていくことができます。

ただし、これは購入者の使用方法の問題であるため、販売者側はどうしようもありません。対応策としては2つ。

・錆びやすい場所で使うものはSUS304のステンレス鋼にする

・ステンレス鋼は錆びにくい金属であり、錆びない金属ではないことを商品の仕様に書く

錆びたというクレームが発生しないようにしっかりと対策しておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク