輸入にかかる費用は何がある?実際にかかった費用も公開!

中国から輸入するためには様々な費用が発生します。

では、商品代金以外にどのような費用がかかるのでしょうか?具体的な項目を説明したいと思います。また、低価格(5万円以下)で輸入したときの実例も3回分ほど紹介したいと思いますので、中国輸入する際の参考にしてみてください。

中国輸入にかかる費用

中国から輸入するために必要な項目には下記のものがあります。

・商品代金

商品を中国内で購入するときに必要な費用です。タオバオの価格(元)に対して代行業者が設定したレートで計算されます。

・国際送料

中国から日本に送る際にかかる費用です。基本的には日本の住所まで届きますが、代行業者のサービスによってはFBA直納品も可能です。また船便の場合、代行業者との契約内容によっては”港受け“となっている場合があるらしいので注意が必要です。

国際送料は量が多いほど1kgあたりの費用が安くなるようになっているため、少量を輸入すると割高になりますのでできる限りまとめて注文するようにしましょう。

・中国内送料

タオバオで購入した後に代行業者の拠点まで送るための費用です。無料の販売先も多いですが中には結構かかる場合があるので注意しましょう。

またタオバオ内で”中国大陆境内包邮“=中国内送料無料と書いてあったとしても、送料が発生することがありますので、タオバオで確認するよりは代行業者に見積をとってしっかりと確認するようにしましょう。

・代行手数料

代行業者に支払う手数料です。代行業者ごとに手数料やルールが設定されていますが、多くの場合は商品代金に対して5%〜10%の掛率が設定されていることが多いです。ただし、少量になると最低価格が設定されていることがあるので割高になることがあります。

・関税

商品を輸入するときは関税がかかります。個人輸入と商業輸入で免税額などが変わってきますが販売するため商業輸入となります。

商品によって税率は異なっており、輸入した商品に対して計算されて請求されますが、手続きは代行業者が行ってくれているため、依頼者は商品が届いたときに運送業者に支払います。

※代行業者によって多少の差異がありますので依頼時に確認してください。

実際にかかった費用

では、これらの項目が実際にどれくらいかかったのか、私が輸入したときの費用をそのまま公開しようと思います。1つの具体例として参考にしてみてください^-^

商品代金:16,269円

代行手数料:813円

中国内送料:1,275円

国際送料:9,180円

関税:0円

商品代金16,269円に対して、その他の費用が11,268円かかっているため、合計で27,537円かかります。つまり、仕入はタオバオ価格の170%ほどになるということです。

これは”商品の重さや大きさ”、”商品の種類”、”商品の量”などで国際送料や関税が変わってくるため、一概に170%とは言えませんが200%を超えるようではAmazonでは価格で勝てませんので1回あたりの輸入量を増やしたり、代行業者を見直すなどしましょう。

とりあえず航空便で少量輸入する場合、輸入の総費用はタオバオ価格の150〜200%になるよう目指しましょう。またそれで販売したときに利益が出るようにリサーチをするようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク