仕入先はタオバオだけの必要はない。中国ではなく国内仕入も覚えておこう

Amazonで販売することができるのは中国輸入商品だけではありません。利益を上げることができるのであれば国内の仕入先を見つけて販売することが可能です。

中国輸入販売をしていると、どうしても中国商品に固執してしまうことがよくあります。確かに日本の仕入先は利益が出ない、仕入値が高いというイメージをよく持たれます。多くの商品はそのイメージ通りですが、なかにはしっかりと利益を出すことのできる商品が存在しています。

国内仕入とは?

国内仕入とは言葉の通りで日本の国内で仕入をする方法です。中国輸入では対義語として扱われますが特別なことではなく、むしろ中国輸入よりも一般的な仕入方法になります。

このサイトでは中国輸入をメインに扱っていますが。国内後方には中国輸入と国内仕入は共通する部分もあれば全く違うメリットもあります。中国輸入に挑戦するとしてもどのような違いがあるか知っておいた方が良いでしょう。

国内仕入のメリット

代行業者を通さないで仕入れることができる

しっかりとした日本語で対応してくれる

複雑な交渉ができる

注文から届くまでが早い

インターネットにない商品を見つけることができる

国内仕入のデメリット

参入障壁が低くセラーが多い

ほとんど利益が出ないほど値崩れしている

大手の大量購入(値引きして仕入)に勝てない

見本市や展示会に直接行く必要がある

国内仕入で稼ぐには?

国内仕入の方法には大きく分けて2つの方法があります。1つはインターネットを使ったネット仕入、もう1つは展示会や見本市に行って業者とつながりを持って仕入れる直接仕入になります。

ネット仕入ができるサイトは、モール形式のものと各企業が用意している個別のサイトがあります。モール形式のサイトにはNETSEA(ネッシー)などがあります。無料で登録できるので登録して商品の価格と卸値がいくらなのか、1度みてみると良いでしょう。

NETSEA(ネッシー)

ネット仕入は自宅にいながら気軽に商品を仕入れることができるメリットがありますが、裏返せば誰でも簡単にできるということで参入障壁を低くしています。反対に直接仕入は業者とのつながりを作るために連絡したり、展示会に赴く必要があり手間がかかります。ただし、この手間が参入障壁を築いており、市場に出回っていない商品が見つかる可能性が高くなります。

では国内仕入を使ってどのように稼ぐにはどうすれば良いでしょうか。

1.ネット仕入で掘り出し物を探す

先ほど述べた通り、ネット仕入はライバルとなる他のセラーが多くいます。

しかし、それとは比べものにならないほど多くの商品があふれています。仕入れることができる多くの商品の中から、ほんの一握りの利益を上げることができる商品を見つけることができれば、国内仕入のネット仕入でも利益をあげることができるでしょう。

ポイントとしては何かしらの参入障壁を築いている商品を見つけるということ。例えば登録に制限がある(個人事業主、法人でなくてはダメ)であったり、審査が厳しかったりするところを直接交渉するなどして切り開くことができればネット仕入でも利益を上げることができる可能性があります。

2.見本市や展示会へ頻繁に通う

ネット仕入よりはこちらの方法の方が利益のある仕入ができる可能性が高いでしょう。

日本国内では小売業者向けの見本市・展示会が多く開催されています。全国どこでも開催されており、特に参加企業が多く大規模なものはビッグサイトで開催されることが多いです。この展示会に参加して売れそうな商品、あるいは既に売れている商品を見つけて担当者と直接やり取りすることにより良い商品を見つけることができます。

見本市・展示会は新商品の発表が多いですが、定番の売れている商品も展示されています。ここで利益を上げることができる商品を見つけるには2つあり、①既存商品で売れている商品の情報を得る②新商品で売れそうな良い商品を見つけ出す、ということです。

特に”②新商品で売れそうな良い商品を見つけ出す”は自分の商品を見る目が重要になってきますが他ではまだ販売していない商品を手がけることは成功すれば先行者利益を得ることができ、大きく稼ぐことも不可能ではありません。

EXPOGUIDEなどのサイトを使えば、自分が求める商品の展示会がいつどこで開かれているか調べることができます。

まとめ:国内仕入にもアンテナを張っておこう

ここまで説明した通り、国内仕入はただ仕入れて販売するまでは簡単ですがしっかりと利益を得るのはかなり難易度が高い世界になっています。中国輸入が簡単かと言われれば、簡単ではありませんが国内仕入の現状よりは個人でも利益が得やすい状況です。

ただし、国内仕入をしては全くダメかと言われたらそんなことはなく、むしろ使える機会があれば積極的に使っていきましょう。小売業において仕入ルート、販路は多ければ多いほど良いからです。

中国輸入に固執せず、国内仕入にもアンテナを張って良い情報はキャッチできるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク