個人事業主の確定申告にはやよいの青色申告がおすすめ。ネット販売の小売業にも使える!

フリーランスや個人事業主にとって、新年明けてすぐに気がかりなのが”確定申告“。

毎年、1月の半ばから3月15日までに1年間の会計報告を税務署に行う義務があります。1年間というのは申告期間の前年1月〜12月までになります。

対象となるのはざっくり言って専業で38万円以上利益がある人、または副業で20万以上の利益がある人となりますのでこのサイトで紹介している中国輸入販売は目標が10万/月なので実践している人はほぼほぼ対象になってくるはずです。

ただし、確定申告はしっかり準備すれば難しいものではありません。

一昔前は、全ての取引記録を紙の帳簿につけなくてはならなかったので専門知識も必要であり、領収書の整理や記帳の時間もかかり、そして書類の作成を税理士に頼む必要があって費用もかかっていました。

しかし、パソコンが普及してオンラインの確定申告ソフトが数多くある現代では、信頼できる確定申告ソフトを使って定期的に取引を記録していけば最小限の専門知識・時間・費用で確定申告を終わらせる事ができます

そして信頼できる確定申告ソフトでおすすめなのが”やよいの青色申告 オンライン“です。

やよいの青色申告オンラインとは?


やよいの青色申告 オンライン|青色申告・確定申告ソフトなら弥生

オンラインで使えるクラウド系申告ソフトには実績があり人気のあるソフトとして「弥生シリーズ」、「freee」、「MF(マネーフォワード)」などがあります。その中で今回、やよいの青色申告 オンラインを紹介する理由としては以下の3点になります。

①青色申告に特化している

②1年間無料

③サポートが充実している(専門の書籍も販売している)

初めて確定申告をする人にとってまず難しいのは何から始めて何をすれば良いのかわからない、ということです。確定申告には大きく分けて青色申告と白色申告、そして青色申告は控除金額によって2種類に分かれるので計3種類あります。簿記を学んでいないと帳簿のつけ方もよくわかりません。

やよいの青色申告オンラインの良いところは、どのような手順で確定申告をすればよいか明確に道筋が立っていることです。まず確定申告の種類ですが、名称からわかる通り青色申告に限定しています。さらに具体的には青色申告の65万円控除に絞っています。

またサポートが充実しているため、途中で入力などに困っても調べることができます。セルフプランではなく、ベーシックプランにしておけば電話やチャットでのサポートを受けることも出来ます。

ただし、セルフプランでも使い方ガイド・FAQが充実していますし、下記の書籍(500円)を買えばだいたいの手順ややり方がわかるのでベーシックプラン(1年目6,480円)よりはセルフプラン(1年目無料)のほうがおすすめです。

やよいの青色申告オンラインがおすすめの人

やよいの青色申告オンラインがおすすめなのは、先ほど紹介している書籍のタイトルにも書かれている通り、”個人事業主“や”フリーランス“、また”副業“などで青色申告が必要な人になります。まとめると”事業規模が大きすぎない“場合に向いているということですね。

会社としてある程度大きな規模の事業を行っている場合、オンラインの申告ソフトで行うこともできますが、規模が大きくなるとともに専門知識が必要になり、また厳密性も必要になるため、外部の税理士を使ったほうがよいでしょう。

他には以下のような特徴があります。

  • 初めて青色申告をする方
  • まずは申告を済ませたい方
  • 簿記のことはよく分からない方
  • Macをお使いの方

このように初心者に優しい申告ソフトなのがやよいの青色申告 オンラインです。

とりあえず無料プランで1年使ってみよう!

やよいの青色申告オンラインの他にはないメリットの1つがセルフプランが1年無料ということです。1ヶ月無料などはありますが確定申告は1年に1度のイベントのため、ある程度どのようなサービスなのかを見ることができますが実際に確定申告に使えるかと言われると難しいところです。

やよいの青色申告オンラインはセルフプランが1年間無料!

ということは1度確定申告に使えるということです。実際に無料で全ての機能を試して確定申告まで行うことができます。それで満足できなければ次年度は支払い前にキャンセルすることも可能です。

無料登録やさらに詳細な情報は公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク