納品プランを作成する

商品をFBAに発送するためにはセラーセントラルから納品プランを作成します。

この納品プランの作成を間違えて異なる商品を納品してしまうと納品不備となり、販売が遅れたり余計なコストが発生することになりますので注意しましょう。

納品プランの作成手順

納品プランとは、FBAに納品するための宣言のようなものです。セラーセントラルからどの商品をFBAに納品するかを事前に連絡することによりスムーズな入庫作業を行うことがで着るようになっています。

納品プランには正確にはステータスが”納品”と”納品プラン”に分かれていますが今回は同一として扱います。

1.ツールバーの”在庫”→FBA在庫管理をクリック

fba_delivery1

2.納品する商品を選択して”在庫商品を納品 / 補充する”を選択してGO

fba_delivery2

FBA在庫管理ページでは、FBA出庫にしている全ての商品が一覧で表示されます。このページでできることは以下のページにまとめているのでご確認ください。

FBA在庫管理ページでできること(準備中)

商品の左端にチェックボックスがあります。まず納品する商品のチェックボックスをオンにして次に商品一覧の上にあるセレクトボックスで“在庫商品を納品 / 補充する”(初期表示)が選択されていることを確認してGOボタンをクリックします。

3.納品プランの作成方法を選択

fba_delivery10

どのように納品プランを作成するか選択します。

基本(初期設定)は、”新規の納品プランを作成“、そして”個別の商品(異なる商品で構成)“から変更しなくて問題ありません。選択されている項目と発送元を確認して問題がなければ”続ける“ボタンをクリックします。

ここでの選択項目は作りかけの納品プランに商品を追加する場合、または1商品のみをメーカー梱包で発送する場合には選択を変更する必要がありますが、前者は違う画面から行った方が楽であり、後者は中国輸入販売においてはまずありません。

4.納品する商品の確認と納品数量を入力

fba_delivery11

次の画面では、先ほど選択した商品のみが一覧表示されます。

ここで納品する商品に間違いがないか確認しましょう。販売する商品数が増えると似た商品名のものが増えますので確実に間違えないようしっかりと確認してください。

納品する商品に間違いがなければ各商品の右にあるボックスに納品する数量を入力します。入力が終わったら”続ける“ボタンをクリックします。

5.梱包と数量を確認して続ける

fba_delivery12

先ほど入力した数量がテキストボックスではなく、テキストとして表示されます。予定している数と合っているか確認しましょう。

また特別な梱包が必要な場合は数量の2つ左にある梱包要件に表示されますので対応するようにします。特にない場合は上記の画像のように – で表示されます。青枠の中にあるタブで梱包が必要な商品のみに絞って表示することも可能です。

6.納品ラベルを印刷する

fba_delivery13

ここではFBAに納品するときに商品に貼付する納品ラベルを印刷します。

印刷するラベル数を入力してラベルを印刷ボタンをクリックします。印刷するラベル数は初期設定では納品する数量と一致しているので特別な理由がない限りは変更する必要はありません。

※上記画像は都合により数量≠印刷するラベル数となっています。

ラベルを印刷したら”続ける“ボタンをクリックします。

7.納品の名前と納品先を確認する

fba_delivery14

この画面では納品の名前と納品先を確認します。納品の名前は任意で決めることができるので管理しやすい名前をつけるようにしましょう。

納品先は商品によって変わってきます。このため、納品しようとしている商品によっては納品先が分かれてしまう可能性があるのでどの商品をどの納品先に送るのかしっかり確認してください。

問題がなければ”納品を作成する“ボタンをクリックします。

8.発送準備を行う

fba_delivery15

次に納品方法や輸送箱の情報を入力していきます。

まず配送業者を決めます。Amazonでは、日本郵便と提携した”FBAパートナーキャリア“というサービスを提供しています。このサービスを使うことにより、個別に宅配業者と契約をしていなくても送料を抑えて倉庫に配送することができます。

FBAパートナーキャリアのサービスを使わないで配送する場合は「他の配送業者」にチェックして対象の業者を選択します。

次に輸送箱の数を選択します。

商品を複数まとめて納品する場合、納品箱(段ボール)のサイズは3辺合計160cmまでのため全て1つの段ボールに入らない可能性があります。このため、輸送箱が1つなのか、または複数必要なのかを選択します。

ただし、複数に分かれてしまう場合はどの段ボールにどの商品を入れるか間違えないようにするのが大変なため、あらかじめ数量を調整して1つの段ボールで発送できるようにしておくことをおすすめします。

今回は輸送箱1個で先を進めます。

fba_delivery16

輸送箱数【1個】を選択すると上記のような画面が追加で表示されます。ここに輸送箱の重量と寸法を入力して”確認する“ボタンをクリックしましょう。

fba_delivery17

確認する“ボタンをクリックすると「入力値の確認ができました。」とボタンの上に表示されるとともに配送料の項目に情報が表示されて”計算する“ボタンが有効化されています。

輸送箱の数、配送重量に問題がなければ”計算する“ボタンをクリックします。

fba_delivery18

FBAパートナーキャリアを利用したときの配送料の見積りが表示されますので異論がなければチェックボックスにチェックをつけて”請求書を承認“ボタンをクリックします。

もしここで表示される配送料よりも安く配送する手段がある場合、”請求書を承認“ボタンをクリックしないで1番上に戻って配送業者の選択から変更していきます。

fba_delivery19

配送料の箇所に「請求を承認しました。」と表示され、”配送ラベルを印刷“ボタンと”クリックすると納品が完了します“が有効化されています。まずは”配送ラベルの印刷“ボタンをクリックします。すると段ボールに貼る配送ラベルと郵便局に提出する用紙がPDFでダウンロードされるので印刷します。

印刷した配送ラベルを段ボールに貼れば梱包は全て完了です。郵便局に提出する用紙には品名を記述する箇所があるので段ボールの中身を書いてから、段ボールと一緒に郵便局へ持ち込み(または集荷)します。

配送ラベルの印刷が完了したら次は”クリックすると納品が完了します“ボタンをクリックします。

fba_delivery20

このような画面が表示されれば完了です。

配送業者に引き取ってもらってから”出荷済みとしてチェック“のボタンをクリックします。これは別にクリックしなくてもAmazonの倉庫に着けば自動的に完了となるため、押さなくても大きな問題にはなりませんが一応、ステータスを変更するためにクリックしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク