商品の登録方法(相乗り出品 / FBA)

Amazonの商品登録方法を説明します。

商品登録のパターンは①相乗り出品or新規出品 × ②出品者出荷orFBA の組み合わせで4パターンあります。ただし、最初から全てのパターンを使うわけではないため、まずは①相乗り出品 × ②FBAの方法です。このパターンが1番簡単であり、中国輸入販売において初心者や副業の人がよく使うパターンになります。

商品登録の手順

商品の登録はセラーセントラル(ログイン後の画面)から行います。

このセラーセントラルがAmazonで販売する場合のメイン画面となりますので1番よく使います。この画面だけで日々の売り上げ、在庫が少ない商品、出品者出荷が必要な商品数などがひと目でわかるようになっています。

1.ツールバーの”在庫”→商品登録をクリック

amazon商品登録

2.ASINを入力して検索

amazon_item_regist2

今回は”リサーチツールについて“のときに調べた以下の商品を登録してみます。余談ですが”リサーチツールにいて”のときよりも値上がりしていますね。このようにAmazonの価格は日々変動していきます。

3.商品が正しいことを確認して”出品する”ボタンをクリック

amazon_item_regist3

4.必要な情報を入力して登録する

amazon_item_regist4

必須入力である”コンディション“と”販売価格“を入力、そして”フルフィルメントチャネル“をFBA在庫にして”保存して終了“ボタンを押すと商品登録が完了です。コンディションと販売価格は後で変更することが可能なため、とりあえず以下を入力すると良いでしょう。

コンディション・・・新品

販売価格・・・FBA利用者の中で最低価格

販売価格の設定で注意するポイントとしてFBA利用者の中で最低価格とすることです

Amazonにおいてカートボックスの獲得が重要になってきます。このカートボックスの獲得は価格が重要になっており、最低価格より高くなれば高くなるほどカートボックスを獲得することが難しくなります。さらに出品者出荷かFBAを利用しているかでも区別されており、FBAを利用している方が獲得しやすくなっています。これは価格よりも優遇されます。

つまり出品者出荷のセラーとFBA利用のセラーが同価格で販売していた場合、FBA利用者の方がカートボックスを獲得できます。さらに、出品者出荷よりもFBA利用者の方が価格が高いとしても多少であればFBA利用者がカートボックスを獲得することができるようになっています。

このため、価格設定をするときはFBA利用者の中で最低価格に合わせるのが売れやすく、高値で売れる可能性があるということになります。注意点としては上記画面の”最低価格に一致“ボタンを押すと出品者出荷を含めた最低価格に設定されるので、FBA利用者の最低価格は販売ページ(カタログ)で確認するようにしましょう。

以上で登録が完了します。

登録後は画面を閉じてOK

保存して終了“ボタンを押すと登録が完了し、FBAの納品プラン作成画面に遷移します。ただし、このまま納品プランを進めると今回登録した商品のみで納品プランを作成することになります。

FBAの納品は基本的に複数商品まとめて納品するため、他の商品を含めて別で納品プランを作成します。このため、商品登録後の納品プラン作成画面は閉じてしまいましょう。商品登録画面は3.の出品するボタンをクリックしたときに新規タブで開かれているため、タブごと消してしまっても大丈夫です。

※ブラウザの設定によっては新規タブで開かれていないため要確認

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク