商品登録について

タイミングとしては仕入が完了する前、リサーチ〜仕入の間に行う作業になるのが商品の登録になります。商品登録を行うのはその商品を登録する初回だけになります。

商品登録には「相乗り出品」と呼ばれているものと「新規出品」と呼ばれている2つの方法があります。それぞれ以下のような特徴がありますので覚えておいてください。

まず初めにAmazonの販売ページの特徴を紹介します。

Amazonは商品ベースの販売形態

Amazonで商品を購入したことがある人はご存知かと思いますが、Amazonが他の大手モール(Yahooや楽天)と比べて特徴的な部分として、販売はショップベースではなく商品ベースで行われています。

・大手モールの場合(ショップベース)

ショップベース

商品1という同じ商品を販売するとします。

ショップベースの場合、まずショップがそれぞれあり、その中でそれぞれ商品1を購入することになります。このため、ショップAに行ったとしたらショップBから商品を買うことはありません。

イメージとしては、実店舗に買い物へ行く場合と同じであると思ってください。

・Amazonの場合(商品ベース)

商品ベース

これに対して商品ベースの場合はまず商品を見に行くことになります。

商品を見て買うと決めた場合にどのショップから購入するかを決めることになります。このため、商品ページを見る段階ではまだショップAで買うのかショップBで買うのかわかりません。

このため、商品の販売ページは全ショップで1つになります。(原則)

このように大手モールとは違うAmazonは独自の仕組みで出来上がっています。このため、価格競争が起きやすく、またカートボックスの獲得が重要になってきています。

これを見る限り商品登録の方法は迷わないかと思いますが、実情は少し違ってきているため、中国輸入Amazon販売において「相乗り出品」、「新規出品」という言葉が生まれてきています。

相乗り出品とは?

相乗り出品とは、Amazonで既にある商品ページ(カタログ)に出品する方法です。先ほどの図で言うとショップA、ショップBが出品している商品1に対してショップCとして登録する方法になります。

リサーチで既に販売実績があり、売れている商品を見つけてきているのでAmazonの出品ルールに従って出品する場合はこの相乗り出品になります。

<相乗り出品の特徴>

・出品が簡単

・既に販売しているカタログなのですぐに売れ始める

・価格競争により低価格化が進んでいる、進みやすい

新規出品とは?

新規出品とは、その名の通り商品を新商品として新しく販売ページ(カタログ)を作る方法です。Amazonで販売していない商品を新しく販売するときに行なう手法です。

ただし、中国輸入Amazon販売においては既に販売されている商品に対しても新規出品が行われています。Amazonの出品ルールに則って相乗り出品をした場合、前述の通り価格競争にさらされているため、利益を得ることが難しいです。

このため、あえて相乗り出品ではなく、新規出品で販売しようという方法です。これによりライバルが少なくなり、しっかりと利益を取ることのできる価格で販売することができます。

もちろん、これはAmazonのルールに則ったらアウトです。ただし、抜け道はいくつかあります。例えば、セット商品にしてしまう、ノベルティをつける、オリジナルブランドとして登録する、などです。これにより、新規出品ができるだけでなく後から相乗り出品されることを防止することもできます。

<新規出品の特徴>

・価格競争にならない

・安定して売ることができる

・カタログ作ってすぐは売れない

・相乗り対策をしっかりしないと意味がなくなる

・手間がかかる

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク