代行業者を選ぶ

リサーチで仕入れる商品が決まったら、次は実際に商品を輸入して仕入れます。

この輸入作業が中国輸入Amazon販売における参入障壁となっておりますが、実際に輸入してみると大したことはなく簡単にできるので(心の)参入障壁となっているだけですね。

中国から商品を輸入する方法

中国から商品を輸入する方法としては3つあります。ただし、中国輸入を初めて行うのであれば代行業者を使う方法を行うべきです。他の2つの方法で仕入れてもよいですが1回の仕入量が少ないうちは代行業者を使うのが手間とコストのバランスがちょうどよいです。

中国輸入する3つの方法

中国から商品を輸入する方法は「代行業者」、「中国人パートナー」、「自分でやる」の3つの方法があります。それぞれメリットとデメリットがあるので簡単に説明します。このサイトでは代行業者を使うことを勧めており、今後の説明は代行業者を使っていることを前提としています。

1.代行業者

代行業者とは、中国からの輸入を代行してくれる業者のことです。代行手数料が上乗せされますが、代わりに輸入のための大変な手続きを代わりにやってくれます。

ただし、代行手数料がかかりますが中国から日本に送る際に使うOCSやEMSなどの国際輸送が代行業者の契約している価格で利用することができるので個人で送るよりもかなり安くなるので総合したらお得になる場合が多いです。

<メリット>

・輸入の手続きを代行してもらえる

・中国内で検品を行うことができる(代行業者のサービスによる)

・国際送料が安くなる

<デメリット>

・代行業者に騙される可能性がある(代金振り込んでも商品が送られてこない、など)

・代行手数料がかかる

2.中国人パートナー

2つ目の方法は代行業者ではない中国在住の個人をパートナーとして使うことです。代行業者と違うところは、個人相手なので交渉次第で様々な条件でお願いすることができます。例えば、代行業者では簡易検品はしてくれてもしっかりとした検品は対応してくれなかったり有料であることが多いですが、個人パートナーの場合は代行手数料だけで行ってもらうことができる場合があります。

また、仕入れだけでなく中国語を駆使してリサーチから協力してもらうこともできます。これは日本語だけでリサーチするよりもかなりのアドバンテージになります。

<メリット>

・交渉次第で自由度が高い

・仕入れ以外にも協力してもらえる可能性がある

<デメリット>

・代行業者よりも国際送料が高い

・信頼できるパートナーを見つけるのが大変

→パートナーを見つけるのはクラウドソーシングなどのサービスを使えば簡単です。ただし、しっかりと対応してくれる、騙されないパートナーを見つけなくてはなりません。

3.自分でやる

もう1つの方法は全て自分でやる、という方法です。メリットとしては当たり前ですが代行手数料がかからないということです。ただし、それくらいしかメリットがありません。

タオバオに出店している業者は日本向けに発送してくれる業者もありますが、多くは日本への発送をしていません。このため、仕入することができる商品に限りができてしまいます。また、発送してもらえるとしても各業者ごとに発送するため、購入する商品をまとめることができず、国際送料が割高になってしまいます。1ショップで20kgとか購入するのなら安くできますがなかなかそのようなケースは珍しいと思います。

<メリット>

・代行手数料がかからない

<デメリット>

・購入できる商品に制限がかかる

・各ショップからの発送なので国際送料が高くなる

・ショップに騙される可能性がある

商品の流れが以下のように違います。

▼代行業者・パートナーを使う場合

代行業者のイメージ

▼個人で輸入する場合

個人で輸入するイメージ

代行業者の選び方

中国輸入において代行業者を通して仕入れたほうが良いことがわかったと思います。

では次に代行業者をどうやって探すのかですが、普通にGoogle検索すれば出てきます。一部の代行業者は紹介制となっており、問い合わせて登録すれば代行業務を依頼することができます。紹介制のところはサロンとか塾が好条件で押さえ込んでいる場合があり、問い合わせても対応してもらえないようになっているようです。ただし、そのような代行業者を使わなくても優秀な代行業者は多くありますので安心してください。

参考までに下記サイトに代行業者別の条件が丁寧にまとめてあります(外部サイト)

タオバオ代行の比較ナビ | タオバオ代行業者とタオバオについて

代行業者を選ぶときのポイント

間違った代行業者を選ばないように注意すべきポイントがいくつかあります。細かい部分は実際に使ってみたらイマイチだった、自分には合わなかったということが起こる可能性はありますが、事前に確認しておくことができることもありますのでしっかりチェックしましょう。

1.国際送料が安い

まず1番最初にチェックすべきポイントは国際送料です。

国際送料は少量では割高になってしまうのは説明した通りですが、とはいえ初回から大量に仕入れするのは不安があると思います。だいたい21kg以上は◯元/kgという表記になっているのでこの◯元の部分を比較すればよいと思います。不安だとはいえ20kg以上は輸入するようにしないとなかなか価格競争に勝てません。

調べてみると代行業者によって18元〜38元くらいと倍以上の差がありました。もちろん、18元の安いほうが良いです。(2016年11月現在)

2.代行手数料が安い

代行手数料が安いことも重要になってきます。代行手数料は金額が決まっている場合と商品代金によって金額が変わる料率が定められている場合があります。

金額が決まっている場合も料率に変換して比較すればよく、だいたい5〜10%の料率となるものを選びましょう。5%という代行業者も最近は多くなってきました。

3.為替レートが安い

上記2つの金額は各サイトに大きく表示されており、初心者でもしっかりとチェックする人が多いですがこの為替レートというのが曲者になります。

単純に輸入なので為替の影響は受けますが、それだけではなく為替の影響と別に代行業者が決めた為替レートを決めています。この代行業者が決める為替レートというのが、代行業者ごとに大きく異なっており、仕入れに影響を与えます。

だいたい実レート+1円に設定している代行業者を使うことをお勧めします。代行業者によっては+3円とか+3.5円を設定している代行業者もありますので注意してください。

4.使いやすい管理画面

代行業者の管理画面は当たり前ですがそれぞれ違います。これはどの代行業者が良いという話ではなく、自分に合っていて使いやすいかどうかをチェックするようにしましょう。

あからさまに使いにくい管理画面の代行業者もありますが(そういった業者は条件もあまりよくない)多くの代行業者はしっかりとした管理画面になっているので好みで決めて大丈夫でしょう。

利用してからチェックすべきポイント

実際に中国から輸入した後にもう1度振り返って代行業者が適切かどうかチェックしましょう。事前に調べることができた部分は条件がメインとなっています。ただし、中国輸入においては、条件以外に重視すべきポイントも多くあります。このポイントは実際に使ってみないとわからないので使った後にチェックするようにしましょう。

タイミングとしては輸入後になるので別記事に記載しました。

→仕入後に代行業者をチェック(準備中)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク