セラーリサーチの方法

次に紹介するのは多くのサイトなどやオークファンで紹介されているセラーリサーチの方法です。キーワードリサーチが正攻法なのに対してこれは少しずるい方法で既に中国輸入Amazon販売で成功している人の力を借ります。

セラーとは売り手のことです。バイヤー(買い手)の対義語になります。

なのでセラーリサーチとは売り手を調べることを意味します。つまり、既に中国輸入で成功しているセラーがどのような商品を販売しているか調べて、自分も仕入れることができれば同じ商品を仕入れて販売する方法になります。

セラーリサーチの手順

1.中国商品を販売しているセラーを見つける

セラーリサーチにおいて重要となるのが中国商品を販売しているセラーを見つけることです。では、どのように見つけるのか。それはまず中国商品を見つけて商品ページ(カタログ)を確認します。今回は対象商品としてキーワードリサーチで見つけた商品を使用します。

セラーリサーチ

商品の販売ページ(カタログ)を確認すると、商品名やレビュー、価格が書かれている下のあたりに”新品の出品:◯“と書かれている箇所があります。これは、この商品を新品で出品しているセラーの数が表示されており、クリックすることにより全てのセラーを見ることができます。

余談ですが新品の出品からではなく、この画像が表示されている販売ページから購入した場合はカートボックス取得者の売上になります。(カートボックス取得者は上図で黒塗りしているところに記載されます。)

多くの購入者はこの販売ページから購入するため、Amazon販売においてはカートボックスの取得率がとても重要になってきます。

セラーリサーチ2

セラーリサーチ3

まだ続きますがチェックするのはこのあたりまでです。

この黒塗りしているところがセラーになります。安値上位3セラーはレビュー件数が698件、867件、2,481件とついており、かなりの売上があるだろうことが予想されます。後ほど記載しますが、このようなトップセラーはセラーリサーチ(分析)しても失敗に終わる可能性が高いです。→参照

また最安値のセラーはFBAも利用していません。なので参考にならない可能性があるため、上から4〜6、8〜10のセラーを分析していきます。

Point:最初はトップセラー以外を見つけること。

セラーリサーチするためのセラーを見つけるときは自分よりも少し売上が多そうなセラーを見つけることがコツになります。初めてなら5〜20万/月くらいの利益を上げていそうなセラーを見つけることができればベストです。

なぜ50万、100万、あるいはそれ以上売れているトップセラーと呼ばれている人たちではダメなのか。それは大きな理由が2つあります。

1.取引規模が違いすぎる

スケールメリットという用語があります。簡単に説明すると物事は規模が大きくなればなるほど発生するメリット・利益を指します。

中国輸入Amazon販売においてもスケールメリットが発生するタイミングがいくつかありますが、もっとも大きくスケールメリットが発生するのは仕入れのタイミングです。

例えば、同一商品を1商品購入するよりも10商品、100商品同時購入することにより1つあたりの単価(個あたり)を下げることができます。国際送料も少量を送るよりも安くなるなります。具体的には私が使っている代行業者の場合、1kgのOCS送料は90元かかりますが、101kg以上になると1kgあたり15元にまで落ちます。その差はなんと6倍!

つまり、大量に商品を販売しているトップセラーはその分、仕入れも同時に大量にしている可能性が高く、スケールメリットの観点から安く仕入れることができている可能性が高い!よって、トップセラーに対してセラーリサーチしても自分では利益を上げることができない商品が見つかる可能性が高くなります。

2.トップセラーの販売商品は見ることができない(未確定情報)

一部でトップセラーの販売情報を見ることができなくなっている、という噂があります。セラーリサーチでは、セラーが販売している商品を見れることが前提になっていますが、Amazonでの売上が多いセラーは非表示にできるとか。

Amazonの公式文書でそのような仕様が記載されている箇所は見つけていませんが、そのような仕様がテスト導入されている可能性があります。このため、トップセラーではなく自分より売上が少し高いセラーに絞ってみていきましょう。

2.セラーの販売している商品をチェック。

先ほどの画像にて黒塗りしている部分はセラーが記載されていると書きましたが、リンクとなっています。このリンクをクリックすることによりそのセラーが販売している全ての商品を見ることができます。

セラーリサーチ4

試しに安値順6番目のセラーが販売している商品を表示してみました。

このように販売している商品が一覧で並んでいます。1ページあたり15商品×9ページありますので121〜135商品ほど扱っているセラーということがわかります。はじめてセラーリサーチのターゲットにするにはちょうどいいと思います。

この商品群の中から中国商品→売れている商品→利益の出る商品と絞り込んでいきます。

3.以降はキーワードリサーチと同じ手順でOK

中国商品を見つけた後はキーワードリサーチの方法にて説明した手順と同じです。(2.商品が本当に売れているのかモノレートで確認〜)

このセラーリサーチのメリットは既に中国輸入Amazon販売をして成功しているセラーの商品(=利益の出る商品)を分析することになるので、自分がやったとしても同じように利益が出る可能性が高い、調べた時の成功率が上がることにあります。

さらに成功率が上がるように個人的にチェックしているポイントをご紹介します。

<チェックすべきポイント3ヶ条>

1.レビューがついていること。(1件〜5件:☆2以上、6件以上:☆3以上)

2.販売価格が1000円〜10000円。

3.トップセラーは参考程度。ミドルセラーを狙う。

どれもここまでで理由は説明したつもりなので わかってるよ と言われるかもしれませんがまとめてみました。これを参考に自分なりのリサーチ方法を見つけてポイントに追加していくことによりリサーチの精度や速度を高めることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク