まずはAmazon出品サービスに登録

Amazonで商品を販売する場合、まずAmazon出品サービスへの登録・契約が必要になります。この出品サービスへの登録はAmazonで商品を購入する場合の登録とは異なるので注意してください。

Amazon出品サービスでは、出品者の目的・販売量・ジャンルに応じて選択できる2つのタイプ、”大口出品“と”小口出品“があります。中国輸入Amazon販売を行う場合、”大口出品“で登録する必要があります。

大口出品と小口出品の違い

大口出品と小口出品では、かかる費用と出品できるものに差があります。言い方をシンプルにすると”小口出品は制限がかかる“ということです。

この制限を受けても問題ない、かつ少量の販売であれば小口出品も良いですが、基本的には中国輸入の場合はこの制限が入ってしまうと収益を伸ばしにくいため、大口出品を勧めています。

大口出品・小口出品

費用

大口出品と小口出品でまず大きく違っているのが費用です。

大口出品の登録をする場合、月間登録料が毎月4,900円+税かかってきます。これは、例えば商品が1個も売れなかったとしても必要になります。これに対して、小口出品の場合は月間手数料は必要ありませんが、代わりに基本成約料が商品1つ販売ごとに100円加算されます。

つまり、単純計算で月間50個以上売るのであれば、大口出品の方が費用を安く抑えることができるようになるということです。中国輸入においては、低価格商品を多く売ることになりますので必然的に収益を出すためには販売数が多くなります。なので大口出品の方が良いということになります。

※Amazonで販売するにはこれらの他に大口出品・小口出品に関係なく発生する費用があります。

販売・管理

この中で特に重要なのが「オリジナル商品の出品」、「カート取得」、「制限カテゴリ」になります。

・オリジナル商品の出品
小口出品の場合、Amazonで既に販売している商品(カタログ商品)しか販売することができません。これに対して大口出品では、このカタログを新しく作ることができます。

つまり、Amazonで未販売の商品を仕入れて販売する場合や、オリジナルで加工して販売するのは大口出品しかできないということになります。

・カート取得

Amazonはカートボックスという仕組みを導入しています。Amazon販売においては、このカートボックスの取り合いがとても重要になってきます。カートボックスを取得することができないと全く売れないと言っても過言ではありません。

このカートボックス獲得資格は大口出品者にしか付与されないため、小口出品はあきらか不利になってしまいます。

カートボックスの詳細については”基本知識:カートボックスとは?”をご確認下さい。

・制限カテゴリ

以下のカテゴリに含まれる商品をAmazonで販売するためには、事前にカテゴリ申請が必要となってきます。中国輸入において主力となるカテゴリも含まれているため、これらの商品を出品できない小口出品は不利になります。

  • コスメ
  • 服&ファッション小物
  • 食品&飲料
  • ヘルス&ビューティー
  • ジュエリー
  • ペット用品
  • シューズ&バッグ
  • 時計

決済方法

費用、販売・管理に比べれば大した問題ではありませんが、小口出品では決済方法に制限がかかります。具体的に重要となってくるのが”コンビニ決済“と”代金引換“です。

ただし、どちらも利用される頻度としては高くないので大きな影響はない、と考えておいて良いと思います。ただ、当たり前ですが決済方法が広い=間口が広い方が消費者の獲得幅は広がります。

Amazon出品サービスへの登録

ここまでに説明した内容を見ていただければ分かる通り、中国輸入Amazon販売においては大口出品が必須と言えます。このため、このサイトでは”大口出品“で登録されていることを前提として話を進めていきます。

月額登録料が発生してしまうので、やってみよう!と思えたタイミングで登録することをおすすめします。

Amazonでビジネス | Amazon出品(出店)サービス

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク